トップ / インプラントと噛み合わせ

インプラントと顎の骨

歯の噛み合わせを回復させるための治療であるインプラント治療においては顎の骨が重要となります。治療において重要となる人工の歯根を埋め込む場所となるからです。そのため、この治療を開始する前の検査の中に顎の骨の状態の確認を行うものがあります。もしも人工の歯根を埋め込むことに対して強度が弱いと判断されたときには強化するための薬剤を使用して強度を上げるための治療が行われます。なお、インプラントに必要なこの検査においてはレントゲンなどが使用され、神経や血管の位置についても調べて支障をきたさないように治療が行われることとなります。

顎の骨の検査について

インプラント治療とはさまざまな理由によって永久歯を失ったときに、噛み合わせを回復させるために行う治療です。どのような治療であるかというと、永久歯が抜けた部分の顎の骨に対して穴を開けて、そこに人工の歯根を埋め込んで固定させて人工の歯を装着するという治療です。そのため、しっかりとした噛み合わせを回復させることができます。なお、インプラント治療を行うときには検査が行われ、その項目の中に顎の骨の状態の確認が行われていて、強度が足りないと診断されたときには薬剤などを用いて骨の強化が行われることとなります。

色々なインプラントの情報

© Copyright インプラントのメーカー. All rights reserved.